• トップ /
  • 家探しをする際のポイント

交渉術を身に着けて好条件に

家探しをする際のポイント

失敗しない家探しの為に

家探しをする際には、しっかりと条件をつけて交渉に臨みましょう。リーズナブル目な住宅を探すにしても、やはり、ある程度まとまった金額が必要ですから、失敗は避けたいものです。思っても見なかった物件を買ってしまい後悔しないためにも、家探しにはこだわりたいポイントだけではなく、避けたい点、NGな点を予め抑え、しっかりと条件として提示することが必要となります。不動産業者には、家を売買する際には説明義務がありますが、家探しを考える際には、その義務的説明だけでは不十分なこともあります。違法建築や土砂崩れの多発エリアでは基本的に説明がありますが、安全性を考えるならば、地盤は安定した所で指定するなど、交渉の際には、そう言った面での条件をつけて置くことも大切です。家探しの交渉の際には、他にも、生活動線や収納、部屋ごとの間取りなどなど、気をつけておかないと後から悔やむ結果になる事柄は少なくは有りません。中古でも新築でも、家探しの際には前もって抑えておきたいポイントを整理し、暮らしやすい物件のイメージを自分でしっかりと持って、不動産業者や施工会社に具体的に伝えていくことが、失敗を防ぐためにはまず、大切と言えるでしょう。

↑PAGE TOP